女子大生の閑話草子

〜テック・デザイン・エンタメ・海外のトレンドなど〜 現代の清少納言をめざして☆

しょっちゅう、でも、ちょっぴり

しょっちゅう、でも、ちょっぴり。これは、20世紀に最も売れたと言われる大作、プルーストの『失われた時を求めて』の第1冊 スワン家の方に出てくるワンフレーズ。スワン父が、亡くなった奥さんのことを思う時、"しょっちゅう、でも、ちょっぴり"だけ想う。…

韓国語能力検定(TOPIK)を受けてきました☆彡

はやいことに、7月ももう後半戦ですね! 何もしてない気がするのは、わたしだけでしょうか…。 穏やかな気持ちで7月1日を迎えたのに、はっと気づいてみたら七夕もすぎちゃってもう18日!?という焦燥感に駆られている気分、と言いましょうか。 むだにそわそわ…

水底。

めそめそしてちゃいられない、と彼女に会うと自然と思い浮かぶ。がんばろうって自分を叱咤するけどなにからどうやってがんばり始めたらいいんだろうわからなくて途方に暮れる不器用で無愛想で自分の世界に隠れてるわたしは居心地が良すぎてこの無気力自堕落…

人間への興味って、

藪から棒に、どうしてこの話題なのかと我ながらびっくりしてしまうけれど ふと、あたまに浮かんだこと。 自分は、人間に興味がないって思ってた。 実は今も、思ってる。 なんでそんなに堂々と言えるかって? だって、悪びれるようなことじゃないもの。 興味…

料理は、目でみて想像して食べる時代。

風がそよそよと心地いい季節は、 どうしてか、お料理がしたくなります。 夜、外から帰ってきて、ひと息ついた頃。 キッチンの明かりをともし 床にしゃがみ込み 帰り道に買ってきた食材を袋から取り出しながら なにから作ろうかな~と考えるのが、いちにちの…

くすんだ時間。

本から目を離し、時計を見ると午後3時41分。動き出さなきゃ、と思うのに肌にまとわりつく水分を含んだおもたい空気がからだを押しつけ思考能力をも私からうばおうとしている。外を見ると、くすんだ色の綿が気だるそうに少しずつ動いている。短いようで、無限…

6月は、ナイルにいきたくなる季節。

6月、こんにちは。 そう言ったのは、 ついこの間のことだった気がするのに。 気がつけば、 もうすぐ6月ともお別れをしなければならない頃。 あざやかで大ぶりのアジサイがあちこちに咲いて。 空気の中に、かすかな夏の香りをほのめかせ、 ことしも梅の雨が、…